眼科 脳神経外科
現在の呼び出し番号
現在の待ち人数
現在の待ち人数

脳疾患を知る

12-3
性行為に伴う頭痛

性行為に伴う頭痛

  • 特徴

性行為によって誘発される頭痛です。通常、性的興奮が高まるにつれ、両側性の鈍痛として始まり、オルガスム時に突然増強するが、原因となる頭蓋内疾患は存在しない一次性頭痛です。

  • 診断基準

『性行為に伴う一次性頭痛』の診断基準(ICHD-Ⅲβ)です。ICHD-Ⅱでは、オルガスム前頭痛とオルガスム時頭痛と区別していましたが、改定によってなくなりました。

A.B-Dを満たす頭部または頚部(あるいはその両方)の痛みが2回以上ある

B.性行為中にのみ誘発されて起こる

C.以下の1項目以上を認める

   ①性的興奮の増強に伴い、痛みの強さが増大

 ②オルガスム直前か、あるいはオルガスムに伴い突発性で爆発性の強い痛み

D.重度の痛みが1分-24時間持続、または軽度の痛みが72時間まで持続(あるいはその両方)

E.ほかに最適なICHD-3の診断がない

  • 疫学

正確な有病率は不明です。この症状を持つ患者が病院を受診する割合は低く、1%との報告がありますが実際にはもっと多いようです。男性の方が多いようです。片頭痛、緊張型頭痛、一次性労作性頭痛を合併する患者が多いです。発症年齢は20歳代と40歳前後の2つのピークがあります。オルガスム時の頭痛の方が多いと報告されています。オルガスム時の頭痛は爆発的な痛みで、通常は両側性で後頭部に多いとされています。

  • 解説

性行為に伴う一次性頭痛は、他の一次性頭痛同様に原因がある二次性頭痛を否定されて初めて診断がつきます。と言いますのは、性行為中の脳卒中は決して稀ではありません。くも膜下出血や椎骨動脈解離、脳出血、脳梗塞、RCVSなどが性行為中に発症する事は非常に多く、必ず二次性頭痛を除外しなければなりません。初めて経験する激しい頭痛や今までと異なる頭痛の場合には特に注意が必要です。ICHDの初版ではオルガスム前・オルガスム時・性行為後の3種類に分けられていましたが、第2版で性行為後の頭痛は髄液漏出が原因と考えられ特発性低髄液圧性頭痛にコードされる事となりました。そして第3版ではオルガスム前頭痛とオルガスム時頭痛のサブフォーム化がなくなりました。ちなみにオルガスム前頭痛とオルガスム時頭痛は、前者が鈍痛、後者は爆発的な痛みで患者の大半はオルガスム時頭痛です。性行為に伴う一次性頭痛は一次性労作性頭痛,片頭痛との関連性が約50%の症例で報告されています。 頭痛の持続時間は通常1分から3時間と考えられていますが、確かなデータはありません。

  • 治療

オルガスムス前頭痛では性行為の中断により頭痛発作が治まることが多いです。本疾患の治療に関しては症例数が少ないこともあり,十分な科学的根拠を有するものがありません。現状では患者への疾患の説明やカウンセリングが重要であると言われています。薬物療法はインドメサシン,エルゴタミン,プロプラノロールが有効な症例が報告されていますが、その有用性は不明です。一般的に予後は良好で、多くが自然寛解するようです。