眼科 脳神経外科
現在の呼び出し番号
現在の待ち人数
現在の待ち人数
1
message

ご挨拶

眼科医、脳神経外科医として幅広く臨床経験を積んでまいりました。眼科専門医だけでなく、脳神経外科専門医の資格も取得しており、眼に症状が出る視神経炎や脳腫瘍、脳動脈瘤などを考慮して診断を行うことが可能です。順天堂大学にて白内障、網膜硝子体、緑内障手術等、様々な分野の手術を高度に完遂できるよう努力してまいりました。今後は当クリニックで、高い医療水準の維持と提供に努めます。患者様への丁寧な説明を大切にしておりますので、些細なことでも遠慮なくお訊ねください。

2
doctor profile

医師紹介

Ryosuke Kuwana
M.D., Ph.D

略歴

昭和大学病院 脳神経外科
昭和大学病院 救命救急センター
順天堂大学医学部附属順天堂医院 眼科
順天堂大学医学部附属静岡病院 眼科
桑名眼科クリニック 副院長

資格

医学博士
日本眼科学会認定 眼科専門医
日本脳神経外科学会認定 脳神経外科専門医
日本眼科PDT(光線力学的療法)研究会認定
眼科PDT講習会受講修了認定医

3
our commitment

当院のこだわり

  • 病気の早期発見・予防

    様々な検査機器を導入し、病気の早期発見・予防に役立てています。中でもOCT検査装置は、網膜や視神経の詳細な構造を立体的に見ることができる画像検査で、病気の早期発見につなげることができます。

  • 日帰り手術

    日帰り手術にて、白内障手術、硝子体手術、緑内障手術等を行うことが可能です。手術室は、NASA基準クラス1万をクリアするクリーンな手術環境となっております。麻酔科標榜医が常勤し、全身の状態を管理・ケアしながら手術が可能です。手術中の患者様の身体に異変があった際に、迅速に対処することができる体制になっています。手術のメリット・デメリットを丁寧に説明します、些細なことでも聞いてください。

  • 小児の近視

    アジア人に多い近視は「何が原因で、なぜ症状が進むのか」が全て解明されていません。近視が進行してしまうと、将来かかる可能性が高くなる眼の病気があります。そのため子どものうちからしっかりケアすることが、病気の予防につながります。ご家庭での注意事項や適切な眼鏡装用のタイミングを相談していきます。

  • 全身疾患と眼

    目の症状からはじまる脳の病気や体の病気があります。眼底検査は、体の中で唯一血管を直接観察できますので全身の血管の状態を把握するのに有用です。眼の検査はもちろん CT、MRI検査、採血検査等を行うことにより病気の早期発見に役立てます。

  • 連携医療機関について

    順天堂大学医学部附属静岡病院と連携を取っており、入院治療や緊急手術が必要な病気など、当クリニックで対応できない際は速やかに紹介いたします。

4
medical examination

診察内容

眼科一般の診断、治療 日帰り外来手術
- 白内障手術、緑内障手術
- 硝子体注射(加齢黄斑変性、糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症等)
- 網膜硝子体手術(黄斑前膜、黄斑円孔、硝子体出血、網膜剥離等)
- 翼状片、霰粒腫、眼瞼腫瘍等
レーザー治療
- 糖尿病網膜症、網膜裂孔、網膜静脈閉塞症等
コンタクトレンズ 1day ソフトコンタクトレンズのみ取り扱い
セカンドオピニオン