眼科 脳神経外科
現在の呼び出し番号
現在の待ち人数
現在の待ち人数

脳疾患を知る

12-2
一次性運動時頭痛

一次性運動時頭痛

  • 解説

運動によって誘発される一次性運動時頭痛があります。以前は一次性労作性頭痛とも呼ばれていました。持続的な運動によって引き起こされる拍動性頭痛です。一次性咳嗽性頭痛は咳や息みのように短時間な誘発ではなく、長時間の運動になります。よって息みやヴァルサルヴァ手技には誘発されません。発症年齢も若い女性が多いです。

  • 疫学

有病率は1%程度とされていましたが、最近は、頻度はもう少し高いと考えられています。若年者に多いと言われています。  男性より女性に多く、片頭痛の合併率が高いです。

  • 診断基準

A.BおよびCを満たす頭痛が2回以上ある

B.激しい身体的な運動中または運動後にのみ誘発されて起こる

C.48時間未満の持続

D.ほかに最適なICHD-3の診断がない

  • 解説

持続的な運動によって引き起こされる拍動性頭痛です。一次性咳嗽性頭痛は咳や息みのように短時間な誘発ではなく、長時間の運動になります。よって息みやヴァルサルヴァ手技には誘発されません。両側性の場合が多く5分から48時間未満の持続時間です。体動、咳、暑さ、寒さ、高地で悪化します。この頭痛で特に注意が必要なのはくも膜下出血です。初めて経験する激しい頭痛や今までと異なる頭痛の場合には特に注意が必要ですので、必ず二次性頭痛を除外しなければなりません。また運動性頭痛を唯一の症状として発症する心筋梗塞の存在が報告されています。胸部症状を全く訴えずに、運動後の頭痛を唯一の症状としています。心臓性頭痛とも言われていますので、このような病態が存在する事は念頭においておかなければ診断に至る事は困難です。

  • 治療

インドメタシンが有効です。多くの一次性運動時頭痛は1-2か月で運動時頭痛は消失するようです。その間は運動を控えるように指導します。大会など控えている選手の患者さんにはインドメタシンを使用して競技に臨む事が有効です。他、エルゴタミン、インデラルの前投与が有効と報告されています。