診療予約
眼科 脳神経外科
現在の呼び出し番号
現在の待ち人数
現在の待ち人数

脳疾患を知る

3-2
実際の評価方法

当院での評価法

さて実際にはどのように臓器障害の程度を評価しているか)

高血圧治療ガイドライン2020では要約すると以下の点で推奨されています。

 

A脳・眼

①認知機能検査・抑うつ状態試験評

②眼底検査

③CTもしくはMRI 無症候性病変にはMRIを推奨

 

B心・血管

①問診(胸痛・呼吸苦・動悸・めまい・ふらつき・歩行時下肢痛)

②診察(心肥大・心不全・心房細動・血圧差・血管雑音)

③心電図

④心臓超音波検査

欧米のガイドラインでは冠動脈CTまたはカルシウムスコア測定を推奨していますが、本国では被曝、経済的な意味合いから実施される機会は少ないようです。

⑤頚動脈エコー

⑥ABI/PWV

 

C腎臓

①血清検査・尿検査

当院では高血圧、脂質代謝異常、糖尿病など生活習慣病の治療を行っている方々は、定期的に

・脳の状態や萎縮を確認・・・1.5T以上のMRIおよびVSRAD

・脳血管の障害の程度・・・・MRA

・頚動脈の障害の程度・・・・頚動脈エコー

・心臓の障害の程度・・・・・心電図、心エコー

・総合的な全身状態・・・・・採血

・下肢血管の状態・・・・・・ABI

(ABI低下を認めたならば下肢MRA)

などの検査を行っています。これらの結果を複合的に考え、目標血圧の設定、適切な降圧剤の選択を行っています。仮に血管の状態が投薬では限界と判断された場合は、ステントを行える施設、手術を行える施設へ紹介しております。

高血圧による脳卒中予防について気になる方は以下のページに詳細を記しています。

https://kuwana-sc.com/brain/category/stroke/

 

高血圧による認知症予防について気になる方は以下のページに詳細を記しています。

https://kuwana-sc.com/brain/1798/

 

当院は静岡県伊豆半島に開院した脳神経外科専門医・眼科専門医・脳卒中専門医・頭痛専門医・認知症専門医が常勤しているクリニックとなります。一般的な眼科・脳神経外科・内科などの外来はもちろん、頭痛外来・もの忘れ外来などの専門外来も常時受け付けております。眼科は白内障や眼瞼下垂、硝子体の手術を行っております。脳神経外科で手術が必要な場合は昭和大学脳神経外科、順天堂大学脳神経外科、その他ご希望の病院と提携し紹介させて頂いております。駿東郡・清水町・三島市・沼津市・長泉町・伊豆の国市・函南町・裾野市・熱海市・伊東市・伊豆市・小山町の方々から遠方の方々まで、気になることがございましたらいつでもご相談下さい。