診療予約
眼科 脳神経外科
現在の呼び出し番号
現在の待ち人数
現在の待ち人数

脳疾患を知る

11-7
レビー小体型認知症ー治療ー

中核症状に対して

レビー小体型認知症および認知症を伴うパーキンソン病 (PDD)では、コリンエステラーゼ阻害薬の有効性が認められております。精神症状に対しては有意には達していないですが、一定の有効性が報告されています。DLBの認知障害に対して2017年のDLBガイドラインおよび日本の認知症疾患治療ガイドラインではコリンエステラーゼ阻害薬が推奨されています。

 

①ドネペジル

DLBにおける認知機能改善および幻視の改善効果が示されています。高用量負荷では介護負担の軽減効果も認められています。一方でPDDに対する認知機能改善効果も認められています。

 

②リバスチグミン ガランタミン

海外ではDLBの認知機能改善効果が示されています。日本では保険適応となっていません。

 

③メマンチン

注意力改善効果は示されていますが、認知機能改善効果は認められていません。レビー小体型認知症の特徴の一つに抗精神病薬に対する過敏性が認められます。そのため可能な限り非薬物療法が推奨されています。しかしながら現実問題として薬物療法の介在が必要な状況は必ずあります。

周辺症状に対して

①ドネペジル

レビー小体型認知症の認知機能障害に対する治療薬のドネペジルは周辺症状の改善に対して一定の効果が確認されています。レビー小体型認知症の幻覚、アパシー、妄想、うつに対して効果が認められています。また適応外使用ではありますがリバスチグミンの効果も報告されています。

 

②抑肝散

レビー小体型認知症の幻覚、妄想、うつ、不安症状に対して改善効果が認められています。抑肝散は錐体外路症状や抗コリン症状を認めることはないですが、低カリウム症候群には注意が必要です。

 

③メマンチン

レビー小体型認知症の妄想、幻覚、夜間行動異常、食欲異常に一定の効果を示します。

 

④非定型抗精神病薬

レビー小体型認知症の特徴の一つとして「抗精神病薬に対する重篤な過敏性」があります。つまり定型であろうが非定型であろうがレビー小体型認知症に使用するときは細心の注意が必要です。しかしながら定型抗精神病薬よりは非定型抗精神病薬の方がリスクは低く扱いやすいでしょう。非定型抗精神病薬の中では、錐体外路系の副作用が軽いクエチアピンやアリピプラゾールが比較的安全とされています。リスピリドンについては、精神症状や焦燥の改善を認めるようですが、悪化するケースも多いようです。オランザピンについても同様の報告です。

 

⑤クロナゼパム

レビー小体型認知症のレム睡眠行動異常に対してクロナゼパムは一定の効果が報告されています。他にも抑肝散、ラメルテリオン、ドネペジルで効果が認められます。

自律神経症状に対して

起立性低血圧

臥床中頭部挙上、弾性ストッキングなどの非薬物治療の他にはドロキシドパ、ミドドリン、フルドロコルチゾンなどの薬物療法が有効です。

 

便秘

酸化マグネシウム、ルビプロストン、センナ、センノシドなどを使用。

 

排尿障害

抗コリン薬の使用は認知機能の悪化があるためできる限り使用を控えるのが理想です。特にオキシブチニンは中枢での抗コリン作用で認知機能悪化を招くため使用禁忌です。前立腺肥大による排尿障害はアドレナリン遮断薬のウラピジルやナフトピジルを用います。

パーキンソニズムに対して

レビー小体型認知症のパーキンソニズムに対してはレボドパが推奨されています。ただし通常のパーキンソン病に比べると反応性は劣っています。運動症状の反応性は劣るにもかかわらず、精神症状増悪リスクは高まるため低用量で使用を留めるべきです。当然ですが、抗コリン剤の使用は控えるべきです。精神症状の悪化のみではなくジスキネジアなどの合併を招くため少量投与に留め、必要ならばドパミンアゴニストの少量併用を考慮すべきです。

 

当院は静岡県伊豆半島に開院した脳神経外科専門医・眼科専門医・脳卒中専門医・頭痛専門医・認知症専門医が常勤しているクリニックとなります。一般的な眼科・脳神経外科・内科などの外来はもちろん、頭痛外来・もの忘れ外来・高血圧外来・生活習慣病外来などの専門外来も常時受け付けております。CT,MRIが完備されているため頭蓋内疾患は即日診断が可能です。眼科は白内障や眼瞼下垂、硝子体の手術を行っております。脳神経外科で手術が必要な場合は昭和大学脳神経外科、順天堂大学脳神経外科、その他ご希望の病院と提携し紹介させて頂いております。駿東郡・清水町・三島市・沼津市・長泉町・伊豆の国市・函南町・裾野市・熱海市・伊東市・伊豆市・小山町の方々から遠方の方々まで、気になることがございましたらいつでもご相談下さい。