眼科 脳神経外科
現在の呼び出し番号
現在の待ち人数
現在の待ち人数

脳疾患を知る

2-7
典型的前兆を伴う片頭痛

解説

「典型的な前兆」というのは

1. 視覚症状

2. 感覚症状

3. 言語症状

の3つの症状から起きる前兆のことです。(前兆については-予兆と前兆-に詳しく記載しております)

4. 運動症状 5. 脳幹症状 6. 網膜症状は典型的前兆に含まれません。

   4. 運動症状が前兆ならば『片麻痺性片頭痛』

   5. 脳幹症状が前兆ならば『脳幹前兆を伴う片頭痛』

   6. 網膜症状が前兆ならば『網膜片頭痛』となります。

 

1. 視覚症状 2. 感覚症状 3. 言語症状のいずれか、もしくは重複した前兆が徐々に進行し、60分以内に頭痛が発現する事が定義となります。60分以内に頭痛が生じないケースもあります。この場合は『典型的前兆のみで頭痛を伴わないもの』という名前の病気です。ただこのケースでは一過性脳虚血発作という非常に脳梗塞のリスクが高い病態の鑑別が急務になります。前兆はこれらのうち1種類のみ出現するケースが多いですが、時に2種類以上の前兆が1回の片頭痛発作で発生する事もあります。2つ以上の前兆が出現する場合、同時に出現することはなく、はじめに現れた前兆が消失した後に、次の症状が連続して出現します。視覚症状で始まり、続いて感覚症状、その後に言語症状を生じる事が多いようです。