眼科 脳神経外科
現在の呼び出し番号
現在の待ち人数
現在の待ち人数

脳疾患を知る

1-3
小児の頭部打撲

特徴

こどもは怪我をしながら育つものです。大人と比べると身体に対して頭が大きく、筋肉もバランス感覚も注意力も成長過程です。したがって、転びやすく頭部を打撲することが多々あります。しかしながら、いざ自分のこどもが頭を打撲すると両親は心配でたまりません。乳児はベビーベッド、ベッド、ソファから転落事故が多く、幼児は階段からの転落、成長に伴い公園の遊具、鉄棒、自転車の割合が増えていきます。親は心配になり、病院受診を希望することがほとんどですし、当然の事だと思います。しかし時間的・地理的・経済的状況によって病院に受診するべきかどうか迷うケースがあります。私個人の考えでは、なにか症状がある場合は絶対に受診するべきですし、たとえ症状がなくても心配ならば受診することをお勧めします。ただし現実的には受診を迷う事もあるかと思います。受診をするべきかの判断材料をまとめてみました。

  • 症状から

重症の場合は何も迷わず病院を受診して下さい。

(様子をみても良いポイント)

・直後は泣いたが、その後は普段と変わらない

・顔色や機嫌は悪くない

・嘔吐・痙攣などがない

・打撲部位に出血や陥没がない

(早急な受診が必要なポイント)

・出血や傷がある。または触って凹んでいる

・痙攣が起きた

・普段となんとなく違う

・頭痛を訴えている、または不機嫌、顔色が悪い

・視線が合わない、あやしても反応が薄い、ウトウトしている

・鼻や耳から血が混ざった透明な液体が出てきた

 

基本的には「普段と違う」「なにかおかしい」と感じたときは必ず病院へ受診したほうがよいでしょう。または心配が払拭出来ない場合は病院を受診した方が、結果的に良いかと思います。不安というのは、時間が経過するにつれて助長しますし、特に夜になり近くのクリニックが閉まるほど助長されがちなものです。症状がなくても、心配な時は受診することを勧めます。

 

検査

外傷の場合、CT検査が第一選択の検査です。レントゲン検査では頭蓋内の状態は判断できません。骨折や頭蓋内の出血を確認するには、MRIよりCTの方が適しています。またCTは検査時間も短く、子供には不安が少なく適した検査といえます。ただし被曝の恐れのないMRIに比べて、CTの欠点は放射線を用いた検査ですので被曝は避けられません。具体的に言いますと、1回のCT検査で約2-30ミリシーベルト被爆します。したがって、CT検査は行わないに越したことはありませんが、検査をしなければ「頭蓋内で何が生じているか?」「骨折はないか?」これらの判断はつかないですし、両親や学校の先生の不安を取り除くことは出来ません。

 

  • 諸外国のCT検査をする基準

CT検査を行うべきかNICE clinical guideline(英国)ルールを紹介します。ただし英国は国民皆保険が行き届いた日本とは保険制度が異なった国での基準ということを記載しておきます。

NICE clinical guideline(National Institute for Health and Clinical Excellence)

①5分以上の意識消失②5分以上の健忘③傾眠傾向④連続しない3回以上の嘔吐⑤虐待の疑い⑥外傷後の痙攣⑦GCS14未満、1歳未満はGCS15未満⑧開放骨折・陥没骨折の疑い、大泉門膨隆⑨頭蓋底骨折の疑い⑩神経学的所見あり⑪1歳以下で、東部に5cm以上の打撲痕、腫脹、挫創⑫危険な外傷機転:高エネルギー外傷、3m以上の転落

以上が英国のルールです。絶対的なルールではありません。これらの他にも診察所見を総合的にみて、ご両親の希望を確認した上でCT検査を受けるか、受けないで様子をみるか判断しています。

子供に特徴的な疾患

子供も大人と同じ疾患になる可能性は等しくあります。それぞれの症状や手術適応などは大人に準じたものです。ここでは子供に特徴的な内容を記載します。

 

  • 頭蓋骨骨折の場合

頭蓋骨骨折は自然治癒することがほとんどですが、まれに骨が折れている部分が拡大していくことがありますので注意が必要です。特に1歳未満における進行性の骨折線拡大は、その辺縁が外方へ膨隆して皮下に脳脊髄液が貯留することがあります。

 

  • 陥没骨折の場合

子供の頭蓋骨は薄く弾力性あり割れにくいのです。その結果、骨折線のない陥没骨折(割れないで凹む骨折)を起こしやすいです。ピンポン球のように柔らかい分、線状に割れないで凹む感覚です。脳を圧迫するようであれば、てんかんの原因や脳の発育障害になりますので整復手術を要することもあります。

 

 

  • 急性硬膜下血腫

急性硬膜下血腫とは強い力が頭部に急激に加わり、硬膜と脳との間に生じた血腫です。脳の表面に存在する血管(特に架橋静脈)が損傷を受け、硬膜の下に(つまり脳の表面)急速に血腫が形成される状態です。子供はこの架橋静脈が細く弱いため血腫を形成しやすい傾向があります。

 

 

  • ぷよぷよしたたんこぶ

大人のたんこぶは硬いですが(皮内皮下血腫)、頭部の軟部組織は薄く剥がれやすい幼少児ではぶよぶよとした血腫(帽状腱膜下血腫)になりやすいです。時に頭全体がぶよぶよになり貧血を招くこともありますが、血を抜くことはありません。自然に吸収されるので待ちます。

 

帰宅後の対応

受診時の状況やCT検査の結果、「自宅で経過をみても問題ない」と判断された場合、注意するポイントを説明されるかと思います。受診時の状況やCT検査は、その診察もしくは撮影した時点での評価でしかありません。どちらも未来予測を出来るものではございません。残念なことに頭部外傷は、稀に時間が経ってから出血してくる疾患が存在します。そのため受傷後24時間は様子を観察する必要があります。

どのような事が起きたら再度受診する必要があるか記載します。
・頭痛がひどくなる
・嘔気、嘔吐が持続し、増加してくる
・ぼんやりしてきたり、眠りがちになったりする
・物がぼやけたり、二重にみえる
・手足がしびれる、動きにくい、ろれつがまわらない 、 けいれんがおこるなど

このような症状があった場合は再診してください。また帰宅しても
・激しい運動はさけて安静にする
・自動車など乗り物に乗っての遠出はさける
・熱いお風呂や長湯せず、シャワーでさっと汗を流す程度にする
・暴飲暴食をしない
・激しいフラッシュやチカチカ光るテレビ番組など見ない

運動の再開にかんしては主治医としっかり相談しましょう。短期間に頭部打撲を繰り返すとセカンドインパクト症候群といって、短期間に脳振盪を反復して受傷すると、命に関わるような脳の むくみ(脳浮腫)を生じることがあります。