診療予約
眼科 脳神経外科
現在の呼び出し番号
現在の待ち人数
現在の待ち人数

脳疾患を知る

2-2
レストレスレッグ症候群 下肢静止不能症候群 むずむず脚症候群

概要

レストレスレッグ症候群とは下肢静止不能症候群、むずむず脚症候群などとも呼ばれます。主症状は脚がむずむずする、皮膚に虫がはうような感じがする、じっとしていられなく歩き回らないと落ち着かないなど脚を中心として不快な感覚異常の症状が現れる病気を指します。こうした不快感は夜間に生じることが多く、不眠症につながる場合が多いです。

原因

脳内にあるドパミンと呼ばれる神経伝達物質の一つが異常を示すことから発症すると考えられています。他の原因疾患として、鉄欠乏によって引き起こされることもありFe、フェリチンの測定は重要です。またパーキンソン病・脊髄小脳変性症・多発性硬化症・ハンチントン病などの神経疾患や関節リウマチやシェーグレン症候群、強皮症などの膠原病、糖尿病、甲状腺機能障害、腎不全、妊娠、うつ病、線維筋痛症などと関連して発症することもあります。多くの抗うつ薬は,RLS症状を悪化させることが報告されています。抗うつ薬(特にSSRI、venlafaxine, 四環系抗 うつ薬)、抗精神病薬、リチウム薬、オピオイド離脱は症状を喚起します。

症状

中核症状は、「下肢を動かさずにはいられない衝動)」です。多くの場合下肢の異常感覚を伴います。特に夕方から夜間に生じるあるいは増悪するため不眠の原因となる事も多いです。逆に朝のに症状が出現することは稀です。安静によって増悪、運動により改善するの最大の特徴です。多くは,意識的もしくは無意識に運動による改善を図っています。寝床脚を絶え間なく動かす、歩きまわる、脚をさする叩くなどで改善を図ります。実際に運動時は症状が緩和します。これら症状のため患者は「寝床中でじっと出来なくて寝つけない」という訴えが多いです。他には「飛行機内で座ると脚を動かしたくなりウズウズする」などの訴えもあります。

他に周期性四肢運動とは、睡眠中に下肢が周期的に短く動く反応をいいます。終夜睡眠ポリグラフィにおける下肢表面筋電図において、持続時間0.5~10 秒、5~ 90秒間隔、8μV以上の振幅増加を伴う下肢運動が4 個以上連続して出現するものを言います。

診断基準

①脚を動かしたいという強い欲求が存在し、不快な下肢の異常感覚に伴って生じる

②静かに横になったり座ったりしている状態で出現、増悪する

③歩いたり下肢を伸ばすなどの運動によって改善する

④日中より夕方・夜間に増強する

 

ー診断を補助する特徴ー

①家族歴

②ドパミン作動薬による効果

③睡眠時のperiodic leg movementsが睡眠ポリグラフ検査上有意に多く出現

診断

症状からの診断は容易ですが、二次性下肢静止不能症候群は必ずルールアウトが必要です。そのためパーキンソン病・脊髄小脳変性症・多発性硬化症・ハンチントン病などの神経疾患や関節リウマチやシェーグレン症候群、強皮症などの膠原病、糖尿病、甲状腺機能障害、腎不全、妊娠、うつ病、線維筋痛症などの確認が必要です。また抗うつ薬(特にSSRI、venlafaxine, 四環系抗 うつ薬)、抗精神病薬、リチウム薬、オピオイド離脱の確認も重要です。

 

採血項目)

一般採血項目+BUN・Cre・Fe・フェリチン・TIBC・RA因子・抗SS-A.B抗体など

 

画像検査)

頚部・腰部レントゲン・頭部・頚椎MRI・腰部MRI

 

生理学的検査)

・PSG・SIT

 

末梢神経伝達速度検査(神経筋疾患疑われる場合)

 

脈波伝搬速度検査(動脈硬化性疾患疑われる場合)

治療

非薬物療法

軽症例では非薬物療法改善するケースもあります。

(1)睡眠環境を整える

(2) 誘発因子となりうる嗜好品(アルコール、喫煙、カフェインなど)の中止

(3) 症状を増悪しうる薬物(抗うつ薬・リチウム・抗ヒスタミン薬・抗精神病薬など)を中止

(4)運動は規則正しく中程度に指導

これらにて改善しない場合薬物療法を行います。

 

薬物療法

ドパミン作動薬(dopaminergic medications)

 

(1)ドパミンアゴニスト(dopamine agonist)

ドパミン作動薬による治療合併症や副作用の発現を予防するためにも、1 日の投与量は最小用量から開始し、効果発現の最小量を維持量とし、就寝1~3 時間前に投与します。注意すき副作用は、麦角系は心臓弁膜症・胸膜 肺線維症があります。非麦角系眠気があります。よってドパミンアゴニストの第一選択は非麦角系です。共通して生じる副作用は嘔気があるためドンペリドン1錠を併用します。幻覚・妄想・ジスキネジアなどの出現時には漸減中止します。非非麦角系(ビ・シフロール 0.125~0.75mg/day・レキップ1.5~2mg/dayなど)

 

(2)ドパミン

Levodopaは短時間作用型のため0.5~2 時間で最高血中濃度に達します。また血中半減期は1~3時間で、即効性はあるが半減期が短い薬物です。長期使用や高用量使用によってaugmentationや early morning reboundを起こしやすいため治療の基本薬としません。間歇型で必要時のみに使用 する場合や、急速に症状を改善させる必要があるときに限定されます。

 

軽症・間歇型

1)非薬物療法

2)低フェリチン血症(血清フェリチン値< 50ng/ml)→経口鉄剤

3)薬物療法

 少量のドパミンアゴニスト(プラミペキソール:ビ・シフロール錠0.125mg~0.5m/日)またはクロナゼパム0.5~2mg/日

 

中等症・重症

1)非薬物療法

2)低フェリチン血症(血清フェリチン値< 50ng/ml)→経口鉄剤

3)薬物療法

1 ドパミンアゴニスト(プラミペキソール:ビ・シフロール錠0.125mg~0.5m/日)

   RLS症状と不眠の両者を同時に治療するとき

   (タリペキソール:ドミン 0.4~0.8mg 就寝前投与)

2 単剤効果不十分クロナゼパム併用

  0.5~2mg/日 治療効果は報告者によって左右しますが、不眠の強い例には適応があります

3 併用効果不十分ガバペチン併用

 有効用量は800~1,800mg/day です。

また貧血の有無を問わず低フェリチン血症の症例は、RLS症状の増悪と関連すること、ドパミン作動薬治療中あればaugmentation発症リスクを高めることから血清フェリチン値が50ng/ml以下の例では経口鉄剤を投与すると良いと言われています。

・腎機能低下ロピニロール:レキップ錠0.25mg~1mg~2mg

 肝臓代謝されます。半減期は6時間です。有効用量は1.5~2mg/day就寝1~3時間前投与。

 

当院は静岡県伊豆半島に開院した脳神経外科専門医・眼科専門医・脳卒中専門医・頭痛専門医・認知症専門医が常勤しているクリニックとなります。一般的な眼科・脳神経外科・内科などの外来はもちろん、頭痛外来・もの忘れ外来などの専門外来も常時受け付けております。眼科は白内障や眼瞼下垂、硝子体の手術を行っております。脳神経外科で手術が必要な場合は昭和大学脳神経外科、順天堂大学脳神経外科、その他ご希望の病院と提携し紹介させて頂いております。駿東郡・清水町・三島市・沼津市・長泉町・伊豆の国市・函南町・裾野市・熱海市・伊東市・伊豆市・小山町の方々から遠方の方々まで、気になることがございましたらいつでもご相談下さい。

参考

①Ondo WG, Vuong KD, Jankovic J : Exploring the relationship between Parkinson disease and restless legs syndrome. Arch Neurol 59 : 421-424, 2002
②Peralta CM, Frauscher B, Seppi K et al : Restless legs syn- drome in Parkinson’s disease. Mov Disord 24 : 2076-2080, 2009
③Astolhi L, Cincotti F, Mattia D et al : Study of the time-vary- ing cortical connectivity during the attempt of a foot move- ment by spinal cord injured patients. Conf Proc IEEE Eng Med Biol Soc 2008 ; 4551-4554, 2008
④Reimold M, Globas C, Gleichmann M : Spinocerebellar ataxia type 1,2, and 3 and restless legs syndrome : striatal dopamine D2 receptor status investigated[11c]raclopride positron emission tomography. Mov Disord 21 : 1667-1673, 2006
⑤Lee KA, Zaffke ME, Baratte-Beebe K : Restless legs syn- drome and sleep disturbance during pregnancy : the role of fo- late and iron. J Womens Health Gend Based Med 10 : 335-341, 2001
⑥Manconi M, Govini V, De Vito A et al : Restless legs syndromeand pregnancy. Neurology 63 : 1065-1069, 2004
⑦Wayne AH, Richard PA, Arthur SW et al : Motor Functionsand dysfunctions of sleep. Sleep Disorders Medicine(Sud-hansu Chokroverty), Philadelphia, p397-435, 2009 25)Moccia M, Pellecchia MT, Erro R et al : Restless legs syndrome is a common feature of adult celiac disease. Mov Disord 25 :877-881, 2010
⑧Hornyak M, Benes H, Eisensehr I et al : Depression in rest- less legs syndrome. Pathogenesis, assessment, and implica- tion for treatment. Nervenarat 80 : 1160-1168, 2009
⑨American Academy of Sleep Medicine : International classifi- cation of sleep disorders, 2nd ed : Diagnostic and coding man- ual. Westchester, Ilinois : American Academy of Sleep Medi- cine, 2005
⑩江村成就,佐谷誠司:レストレスレッス症候群の診断,レス トレスレッス症候群(井上雄一,内村直尚,平田幸一編), アルタ出版,東京,p82,2008
⑪Rajaram SS, Walters AS et al : Some children with growing pains may actually have restless legs syndrome. Sleep 27 : 767-773, 2004
⑫Montplaisir J, Boucher S, Poirier G et al : Clinical, polysomno- graphic, and genetic characteristics of restless legs syndrome : a study of 133 patients diagnosed with new standard criteria. Mov Disord 12 : 61-65, 1997
⑬Ancoli-Israel S, Kripke DF, Klauber MR et al : Periodic limb movements in sleep in community-dwelling elderly. Sleep 14 : 496-500, 1991
⑭Rijsman RM, de Weerd AW, Stam CJ et al : Periodic limb movement disorder and restless legs syndrome in dialysis pa- tients. Nephrology(Carlton)9 : 353-361, 2004
⑮Saletu B, Gruber G, Saletu M et al : Sleep laboratory studies in restless legs syndrome patients as compared with normals and acute effects of ropinirole. Neuropsychobiology 41 : 181- 189, 2000
⑯Phillips B, Hening W, Britz P et al : Prevalence and correlatesof restless legs syndrome : results from the 2005 National
Sleep Foundation Poll. Chest 129 : 76-80, 2006
⑰Pennestri MH, Montplaisir J, Colombo R et al : Nocturnal blood pressure changes in patinets with restless legs syn-drome. Neurology 68 : 1213-1218, 2007
⑱Kotagal S, Silber MH : Childhood-onset restless legs syn- drome. Ann Neurol 56 : 803-807, 2004
⑲Earley CJ, Allen RP, Beard JL et al : Insight into the pathophysiology of restless legs syndrome. J Neurosci Res 62 : 623-628, 2000
⑳Sun ER, Chen CA, Ho G et al : Iron and the restless legs syn- drome. Sleep 21 : 371-377, 1998
⑳Allen RP, Picchietti D, Hening WA et al : Restless legs syn- drome: diagnostic criteria, special considerations, and epide- miology. A report from the restless legs syndrome diagnosis and epidemiology workshop at the National Institutes of Health. Sleep Med 4 : 101-119, 2003
㉑葛原茂樹:ドパミンアゴニスト使用上の注意.臨床神経 47 : 687-688, 2007
㉒Leu-Semenescu S, Karroum E, Brion A et al : Dopamine dys- regulation syndrome in a patient with restless legs syndrome. Sleep Med 10(4): 494-496, 2009
㉓Pourcher E, Remillard S, Cohen H : Compulsive habits in restless legs syndrome. J Neurol Sci 290 : 52-56, 2010
㉔Montplaisir J, Nicolas A, Denesle R et al : Restless legs syn- drome improved by pramipexole : a double-blind randomizedtrial. Neurology 52 : 938-943, 1999
㉕Inoue Y, Hirata K, Kuroda K et al : Efficacy and safety ofpramipexole in Japanese patients with primary restless legs syndrome : a polysomnographic randomized, double-blind, placebo-controlled study. Sleep Med 11 : 11-16, 2010
㉖Trenkwalder C, Benes H, Grote L et al : Cabergoline com-pared to levodopa in the treatment of patients with severe restless legs syndrome : results from a multi-center, random- ized, active control trial. Mov Disord 22 : 696-703, 2007
㉗Conti CF, de Oliveira MM, Andriolo RB et al : Levodopa for id- iopathic restless legs syndrome: evidence-based review. Mov Disord 22 : 1943-1951, 2007
㉘Högl B, Garcia-Borreguero D, Kohnen R et al : Progressive development of augmentation during long-term treatment with levodopa in restless legs syndrome : results of a prospectve multi-center study. J Neurol 257 : 230-237, 2010
㉙Deak MC, Winkelman JW : The pharmacologic management of restless legs syndrome and periodic leg movement disorder. Sleep Med Clin 5 : 675-687, 2010
㉚Hening WA : Current Guidelines and standards of practice for restless legs syndrome. Am J Med 120(1A): S22-S27, 2007
㉛Oertel WH, Trenkwalder C, Zucconi M et al : State of the art in restless legs syndrome therapy : practice recommendations for treating restless legs syndrome. Mov Disord 22(S18): S466-S475, 2007