眼科 脳神経外科
現在の呼び出し番号
現在の待ち人数
現在の待ち人数

眼疾患を知る

眼科の設備紹介

3次元眼底像撮影装置 DRI OCT Triton Plus(トプコン)

第三世代のOCTで従来のOCT撮影でできる網膜の断層画像、緑内障診断に加え血管造影や眼底撮影を一台で撮影することができます。

インテグラプロスキャン レーザー光凝固装置

糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、網膜裂孔など、網膜疾患の治療やレーザー虹彩切開術などの緑内障治療として対応できます。

光学式眼軸長検査IOLマスター700(カールツァイス)

白内障手術における眼内レンズの度数決定に使用します。眼内レンズ測定を行うことは、白内障手術においてとても重要です。

マルチファンクション・レフラクトメーター MR-6000(トーメー)

屈折・角膜曲率半径・眼圧・角膜形状解析を一台で測定できます。車椅子など移動が困難な患者様も移動することなく検査が可能です。

眼科用手術顕微鏡OPMI Lumera T(カールツァイス)

徹照と立体感にすぐれ、より鮮明な画像がえられるため、手術の精度をより高めることのできる手術顕微鏡です。

白内障手術装置センチュリオンVisionSystem(アルコン)

新しい白内障手術機械で、眼内圧の安定性にすぐれ手術をより効率よく行えます。

硝子体手術装置コンステレーション(アルコン)

新しい硝子体手術機械で、より小さな切開により低侵襲な手術を可能にしました。

眼科用3次元映像システム NGENUITY(アルコン)

HDRビデオカメラを搭載した世界初の眼科用リアルタイム映像システムです。高度な映像処理が可能であり、医師により良い手術環境を提供すると同時に術中の患者の眩しさや光暴露による黄斑部の影響を軽減することが期待できます。